ドコモからmineoにMNPする方法

ドコモからMNP転入切替をするには、まずMNP予約番号の用意をします。

 

mineoでは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態での申し込みが条件となっていますので、早めの手続きが必要です。

 

携帯電話からは151、一般電話からは0120-800-000に電話するか、インターネットのMy Docomoから、または、ドコモショップで申し込みます。

 

My Docomoから申し込む場合は、ログインしてから「住所や契約内容の変更がしたい」「ドコモオンライン手続き」「携帯電話番号ポータビリティ」「解約お手続き」「次へ」とクリックしていきます。ここで、事務手数料や必要があれば解約金などが表示されます。

 

注意事項を確認してチェックボックスをオンにしてから「次へ」をクリックして行くとMNP予約番号が発行されます。その後、mineoのWebから自分で転入切替をすることになります。

 

手続き完了後、Dプランの場合1時間、Aプランの場合30分で回線が切り替わります。回線切替完了後のSIMカードの差し替えやネットワークの初期設定は、自分で行う方法と、サポート店で「初期設定サポート」を申し込む方法があります。

 

サポート店は、日本全国に展開しており、mineoの公式ホームページから検索できます。端末を店頭に持ち込む前に回線切替を済ませておく必要があります。

 

mineo申し込み時のeoIDとパスワードもメールなどの設定に必要です。また、「mineoご利用ガイド」を持っていくと初期設定サポートの料金が特別価格1000円となりますので、忘れずに持って行きましょう。

 

自分で切替後の端末の初期設定をする場合は構いませんが、サポート店で「初期設定サポート」の予約をしている場合は、来店時間に遅れないように、あらかじめWebでの入力作業や回線切替の時間を想定しておく必要があります。

 

Webでの転入切替は、以下のような手順になります。

 

  1. mineoのマイページにログインし、「登録情報の変更・サポート」の「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択します。
  2. SIMカードの台紙に記載の「ICCID/製造番号」の下4桁を入力後、「回線切替」をクリックします。
  3. ここで手元のスマートフォンで通話やデータ通信が出来なくなれば、回線切替は完了です。

 

自身でSIMカードの差し替えと初期設定をするか、サポート店で初期設定サポートを受けることで、mineoを利用できるようになります。