mineoと大手キャリアの違い

まず前提として、MVNOはMNOのような一般的なキャリアとは違って、自社のデータ基地局をもっていません。

 

ではどうしているのかというと、MNOにお金を払ってデータ局の一部を借りています。そしてそれをより安く提供しています。普通であればデータ局のサービスというものがあって、間に仲介業者であるMVNOが入って、消費者に売る、という流れであれば、データ局から直接売るMNOの方が安くなるはずです。

 

卸売りや商社とよくいわれるような仲介業者が間に入るとその分高くなるため、できることならなるべく仲介は取っ払った方が無駄な仲介料が発生しないというのが基本的な考え方です。今はネットが便利なのでそのように仲介をなくす動きが活発です。

 

ではなぜMVNOが安いのかというと、それはサービスを極力撤廃し、通信の品質を抑えているからです。

 

まずサービスに関しては、実店舗を持たない、端末の開発などは行わず使えるものはなるべく他社のものを利用する、いかに安くサービスを回すかということに特化しなるべく無駄を省く、といった流れです。これは各社それぞれ違いはあるのですが、全体の傾向としてはこうなっています。

 

また、通信の品質に関しては、望ましいことではないのですが品質重視のMNOには勝てないですし、実際通信が滞るということはあります。

 

そのため、自分の利用スタイルによって、MVNOにするのかMNOにするのか決めるのが良いです。たとえばポケットWi−Fiをもっていたり、他のタブレットやパソコンをメインで使うのであればMVNOで良いでしょう。

 

またそもそもあまり携帯を利用せず、たまに必要なときに連絡を取るくらいというのであればMVNOで充分です。

 

逆に、ポケットWi−Fiもなく、タブレットやパソコンよりもむしろスマホと言う場合はMNOが良いです。通信速度が遅いと確実にいらいらすることになるでしょう。

 

そのため、mineoと楽天モバイルを比較する場合にもこの上述のようなことが重要です。

 

まずmineoは通信速度を売りにはしておらず、楽天モバイルと比較しても料金の安さやキャンペーンの豊富さが売りです。そしてそもそもMVNO自体が通信速度よりも料金の安さが売りなので、mineoはその中でも特にMVNOらしいMVNOです。

 

パソコンを基本的に使う人や、スマホも含めてそういった媒体をヘビーに使わない人を想定しています。実際常にスマホを触っている人ばかりではないので、その人達にも良いプランは必要です。