家族でmineoを使うメリット

mineoでは、データ容量の繰越に対応し、余ったデータ容量は自動的に翌月に繰り越されます。

 

繰り越したデータ容量の有効期限は翌月いっぱい迄となっており、翌々月には自動的に消滅します。繰り越したデータから優先的に消費され、繰越分が終了してから当月分のデータ容量が消費されます。

 

また、同一住所の家族で加入している場合は、最大5回線まで「パケットシェア」で分け合うことができます。

 

家族で加入している場合、たくさん使いきる人、あまり使わない人と、月々利用するデータ容量に差があり、余ることがあれば、ただ消滅させてしまうのではなく、余った容量を有効活用できると同時に、月々の支払いを節約できる嬉しいサービスです。

 

パケットシェアの利用は一切料金が発生しませんが、事前の申し込み手続きが必要になります。申し込みやシェアメンバーの登録は、mineoのマイページにログインして行います。

 

最初にパケットシェアの申し込みをしたメンバーが、以降リーダーとなり、申し込み後に変更はできません。

 

リーダーを変更したい場合は、後述する解散手続きをしてから、リーダーにしたいメンバーが再度パケットシェアを申し込む必要があります。

 

「ご契約サービスの変更」の「パケットシェア変更」を選択し、「パケットシェアメンバーお申し込み情報」の2回線目以降の欄にシェアメンバーにしたい「ご利用番号」を入力して、「次へ進む」を選択します。つづいて、申し込み内容を確認してから「申し込む」を選択します。

 

しばらくすると、登録したパケットシェアメンバーが所有するmineoのメールアドレスに「承諾依頼メール」が届きます。

 

承諾の手続きは、そのメール内のURLをタップする方法はもちろん、各メンバーがmineoのマイページにログインして、「ご契約サービスの変更」の「パケットシェア変更」からも承諾の手続きが可能です。承諾依頼メールの有効期限は1週間なので、期限までにメンバー全員が承諾手続きをしなければ無効になります。

 

承諾完了の翌月からパケットシェアの利用を開始できます。翌月からパケットシェアを利用するには、当月末日の23時30分までに、承諾依頼メールを受け取ったメンバー全員が了承を完了する必要があります。パケットシェアメンバー解散の申し込みは、最初にパケットシェアの申し込み手続きを行ったリーダーのみが可能です。

 

「ご契約サービスの変更」「パケットシェア変更」「全メンバー解散」「申し込む」と選択していくと、解散が完了します。解散後、その時点でシェアされていた容量は、すべてリーダー回線に付与されます。

 

mineoは、MVNOでありながらも、大手キャリアに匹敵するようなパケットシェアサービスを提供しており、月額料金を少しでも安く、家族みんなで加入したいと言うニーズに応えています。